箸の臭いがキツイ!臭いの原因や理由は何?対策を3つ紹介!

何気なくする食事。

箸でおかずを挟んで、口に運ぶこと一口目、二口目。

あれ?なんかおかずが臭い?

違う!箸が臭いんだ!

こんにちは、上記の話は当ブログ管理人である私ヨッシーが経験した話ですw

 

さて、なぜ箸から臭いが出たのでしょうか?

臭いの原因とその理由とはいったい何だったのでしょうか?

 

気になって食事をまずくさせる嫌な箸の臭い!

今回は箸の嫌な臭いの原因とその理由について。また、私が行った対策についてご紹介していきたいと思います!

箸の臭いの原因とその理由

箸からカビ臭いような臭いの原因や理由は調べてみると4つありました!

食事中に匂うあのなんとも言えない臭いは、せっかくの食事もまずくさせてしまいますよね。

せっかく作った食事を台無しにしないために、まずは原因からご説明していきます!

水、もしくは洗剤入りの水に長時間つけ置きしてる

水につけ置きしておくと、汚れってすごく簡単に落ちますよね!

まさに生活の知恵!

ですが、その水へのつけ置きが箸の臭いの原因になっている可能性が高いです!

※ちなみにこの記事を書いている私はそうでした笑

 

嫌な臭い、カビ臭い臭いは洗濯物と同じです。

水分を多く含んだタオルや衣類を放置しておくと、いやーな臭いがしてきますよね?

しかも、洗っても取れない時なんかがあったり…

箸も洗濯物と同じ!

水分を含んだ状態で放置することで、嫌な臭いが発生しているのです!

ちょっと想像してみて欲しいんですけど、水へのつけ置きって他の食器と一緒にするじゃないですか。

 

汚れた水の中に気をつけ置きするのってどう思いますか?

どう考えても、木が汚い水を吸い込むと思いませんか?

しかも、長時間水につけたのにもかかわらず、十分な乾燥もさせない。

そりゃ臭うわ!って話ですよね。

長い年月使用している。

箸は基本的に木でできているものがほとんど。

木を削っただけの箸ってありませんよね。

ほとんどのものがコーティングされたもの。

 

そして食事は毎日しますよね。

ということは、それと同時に箸も同じだけ使うということ。

使えば使うほど、道具というものは古くなっていきます。

食事で使うこと、洗う際はスポンジとはいえこすることで徐々に箸のコーティングが剥がれ落ちる。

 

コーティングが剥がれたところから、水が吸い込まれてつけ置きと同じように臭いを発生させる。

こういった原因も出てきます。

制作工程に原因あり?

上記の2つ以外にも箸が臭う原因があります。

それが制作工程。

 

箸を作る際、殺菌するために漂白剤を使用するとのこと(もちろんすべての箸ではありません)

殺菌する際に使用した漂白剤の匂いが木に染み込んで、箸から臭うことがあるとのことです。

 

一般的には箸を作る際に漂白剤を使用したかどうかはわかりません。

ものすごく「白い」箸は漂白剤を多量に使っている可能性があるので、箸を購入する際の基準にするといいと思います!

箸が臭い原因と理由は大きく分けてこの3つになりますが、例外を後1つご紹介したいと思います。

材質が良くない

箸の臭いの原因についてちょっと調べていると、なにやら材質なんていうものも関係してくる情報がありました。

それが、お隣の国の木で作られた箸(よくテレビなどで食品の安全性を問われるような国)

 

いろんなことで日本中に衝撃を与える国ですから、まぁ何も驚く理由はないかなって感じです…

よく100本入りの箸とかあるかと思いますが、そういった箸はお隣の国のもので作られた可能性が高いので気をつけましょう!

 

一説によると、水槽の中に割り箸を入れたら、中にいる金魚が天に召されたなんて話があるので。

もしその話が本当なら、そんな箸を使って食事を取るのってちょっと怖くなってしまいますよね。

ちょっと余談でした。

 

臭い箸の対策について

箸の臭いへの対策についてもいくつかあります。

大きく分けて、臭いを消す方法を行うか、それでダメなら買い換える!

また、買い換える場合は購入する際のポイントを合わせてご紹介していきたいと思います!

箸の臭いを消す方法

箸の臭いを消す方法には大きく分けて2つあります!

1つ目がしっかりと乾燥させる!

水に長時間つけ置きしているんですから、十分に乾燥しない間に使用するので箸が臭います。

だから、しっかりと乾燥させるというのは有効な手段の1つ!

 

2つ目が酢を合わせた水の中に箸をつけ置きする!

酢には殺菌作用、消臭作用があります。

そして、一般的にカビというものはアルカリ性である酢に弱いです!

酸性に傾いたものをアルカリ性で中和させることによって、臭いの原因を取り除きます!

 

酢による効果で、消臭を殺菌がされるので衛生面にも安心して使えますよね!

また酢は普段から口にするものなので、箸の臭い対策だけではなく普段からの手入れの一つにも取り入れてみるといいですね!

 

ここで紹介した臭い対策の方法ですが、絶対に箸の臭いが取れるという保証はありません。

あくまでも対策の一つとして捉えていただきますよう、ご了承願います。

箸を購入する

箸の臭い対策として、最も手っ取り早いのが新しい箸を購入するという手段です。

ちなみに私はこの方法でした笑

 

購入する際のポイントには大きく分けて2つ!

1つ目が材質が木以外の箸を購入する!

まぁちょっと考えればわかりますよね笑

私が選んだのはプラスチック製の箸!

もう全然臭いが気にならないので、食事も美味しくいただいています^^

もしくはステンレス製の箸なんかもいいですね!

2つ目が毎日使うものだから、ちょっと良い箸を購入する!

毎日使うものですから、ちょっと箸にお金をかけてみてはどうでしょうか^^

漆塗りを施された箸。

調べてみるとたくさん出てきます!

まぁ上を見ればきりがありませんが…笑

 

調べてみると良い箸の場合は、洗う際に強くこすったりしても劣化があまり見られないとのこと!

まぁそこまでとは言いませんが、1000円くらいのもでも十分じゃないかなと思います!

 

普通に使用していると箸って同じものを何年も使いますし、仮に1000円の箸を3年間毎日使ったとしたら1日1円程度。

そう考えると安いですよね!

これを機にちょっと奮発してみるのも良いかもしれませんね^^

箸について私の意見

日本人の食生活には欠かすことのできない箸。

良い生活には良い物を。

ということで、良い食事には良い箸を!

 

乾燥させたり、酢と水を合わせたものにつけ込む方法とかお話ししましたが、個人的には箸が臭ったことを機に買い換えるのが良いかなって思いました!

やっぱり新品で良い物を使うと気分が良いじゃないですか!

食事も美味しく、生活の質もなんか上がって良いことずくめだったっていう話^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です